カジノのビデオゲームでの疲れ目対策!

幸いなことに、ギャンブルをしていても、仕事をしていても、ゲームをしていても、画面を見ているだけでは失明することはありません。しかし、視力に影響を与えたり、目に負担をかけたりすることで、将来的に大きな問題につながる可能性はあります。もしあなたがオンラインでよくギャンブルをするのであれば、この記事は間違いなく役に立ちます。自分の目を守るためにもぜひ読んでください。

スロットマシンの画面を見ることが、目の健康にどのような影響を与えるのか、また、目を保護するためにはどうすればよいのかをご紹介します。

眼精疲労

先ほど述べたように、長時間スクリーンを見ていても失明することはありませんが、間違いなく眼精疲労の原因になります。目が疲れていると感じ、その理由がわからない場合は、眼科医に相談するのが一番です。その必要がないと思われる場合は、以下のような症状に注意してください。

 

  • ドライアイ
  • 頭痛
  • 目のかすみ
  • 首の痛み
  • 肩の痛み

 

一番よくある症状は、ドライアイです。これはまばたきで簡単に対処できます。まばたきをすると、涙が虹彩を潤し、目がきちんと機能し続けます。カジノで明るい画面を見ながら一日中ギャンブルをしていると、目が乾くのは当然です。ゲームに集中するあまり、まばたきを忘れることも多いでしょう。

改善方法は?

自然光

信じられないかもしれませんが、目に負担をかける原因はブルーライトだけではありません。周囲の光と、スクリーンからの光とのコントラストも大きな原因のひとつです。暗闇に囲まれていると、部屋の光とスクリーンからの光のバランスが取れている場合よりも、はるかに早く目が疲れてしまいます。

20/20/20ルールとは?

「20/20/20」というシンプルなルールは、良好な視力を維持し、ドライアイや頭痛などの問題を回避するのに大いに役立ちます。具体的には、20分間スクリーンを見続けた後は、画面から目を離します。正確にいうと、あなたから20フィート(約6メートル)離れた場所にあるものを、20秒以上見るのです。このルールを実践し続ければ、すぐに結果が出てくるでしょう。

次にカジノに行くときは、「20/20/20」ルールを思い出して、目を休ませてあげてください。そうすることで疲れにくくなり、目に負担がかからなくなります。これらの方法を活用し、目の負担を減らしましょう。そして、この効果を感じることができたら、お友達にもこの知識を共有してあげてください。